線形ポリマー、HCセンサーチップ

SPR sensor chip linear polymer surface

HCセンサーチップは、線状ポリマーのポリカルボン酸ヒドロゲル表面です。

HCセンサーチップは非常に高い親水性を持つのが特徴であり、デキストラン表面と比較して非常に高い固定化能力を持っています。

また、比較的単純で均一な化学的および構造的特徴により、非特異的結合がほとんどなく、高感度の実験が可能です 。

SPR sensor chip linear polymer surface

特徴

   -高い固定化能力

   -高い結合特異性(NSBが少ない)

   -固定化の安定性

   -親和性の向上

   -COVID-19診断センサーチップ

High immobilization level / various products

SPR sensor chip linear polymer surface
SPR sensor chip linear polymer surface

High affinity and immobilization stability

HC_dextran_eng.png

COVID-19診断センサーチップ

COVID-19に関する研究の需要は急速に高まっており、治療、ワクチン、診断システムの主要なターゲットであるSARS-CoV-2の受容体結合ドメイン(RBD)に注目が集まっています。

   Xantecは、HC表面ベースのSARS-CoV-2 RBDセンサーチップ(C19RBDHC30M)を介して、さまざまなアプリケーションで高い感度と特異性を備えた信頼性の高い結果を提供します。

COVID-19診断センサーチップには次の機能があります。

   -血清のような複雑なサンプルマトリックスでも、バックグラウンドは非常に低くなります。

   -非常に高い親水性ヒドロゲルマトリックスは、固定化されたRBDタンパク質を安定させます。

   -分析対象物(抗体)の侵入深さが大きいしシグナル強度も増加します。

   -優れたリガンドのアクセス可能性があります。

SPR sensor chip COVID-19 corona virus
covid_test_eng.png